スポーツジムの種類と設備

Pocket

市や区が運営している公営ジムは、料金は一番安いです。体育館や競技場のあるような場所に建てられていることも多く、1回の利用料金が数百円です。その代わりにマシンの数は少なく、特にウェイトトレーニングをしたい方にはおすすめできません。数が少ないので、利用者が多いと使えないこともあります。また公営ジムは多くの場所で高齢者が多く、ビギナーが集まる傾向にあります。

プール会員制ジムもあり、ジムによって料金体系もさまざまです。料金プランがいくつかある、使う設備によって違うなどあり、料金は安いです。設備は豊富に設置されており、ジムごとに取りそろえている設備にも違いがあります。筋トレマシンやウェイトトレーニング用マシンはどこのジムでもあり、運動したい人にも筋トレしたい人にもおすすめです。プールがあるかないかなどで違いがあります。

個人トレーナーが、マンツーマンで指導してくれるのがプライベートジムです。スポーツジムの中では一番料金が高いです。料金体系はトレーナーに支払う場合や月額料金などになっています。ダイエットしたい方や、お腹を引き締めたい方など、特定の目的にある人向けであり、そのような目的のための設備が置いてあります。

スポーツジムの設備

Pocket

ほとんどのスポーツジムでは、人気の設備は取りそろえています。筋トレマシンやエアロバイク、トレッドミル、ダンベル、シャワー設備などはあります。一般的な運動をしたいなら、どのスポーツジムに通っても変わりないので、料金や立地などで選ぶと良いでしょう。

マシーンウェイトトレーニングをするならば、スポーツジムにもマシンは置いています。ベンチプレスやスクワットラックなどありますが、専門のジムでない限り、各1台ぐらいしかおいていません。筋トレをメインに、筋肉を付けていきたいならば、専門のスポーツジムに通った方が、効率よくトレーニングできます。通常のスポーツジムだと、ウェイトトレーニングに力を入れていないと、まったくこれらのマシンのないところもあります。

スポーツジムではプールを併設しているところもあり、会員であれば自由に泳げます。筋トレにはあまり向きませんが、持久力や体力を付けるなら使える設備です。ただ泳ぎたいだけなら、時間のあるときに公営プールにでもいくと良いでしょう。スタジオプログラムを用意しているスポーツジムも多く、ヨガやダンスなどのプログラムがあります。運動や筋トレが続かないようであれば、インストラクターと一緒にスタジオプログラムで体を動かす方法もあります。最後にスポーツジムの種類とその設備について説明します。

スポーツジムに通おう

Pocket

スポーツジムに通おうと思い、どのジムに行くか決めるときは、料金やアクセスしやすいかなども重要となり調べますが、ジム内にある設備も調べておいた方が良いでしょう。当然のことながら、料金の高いところほど、設備も充実していますが、会員料金はお財布との相談となります。まずは自分の使いたいマシンがあるのどうかを基準に、スポーツジムを選んでいきます。

設備に関しては、清潔であるかも重要でしょう。やはりこれはジムのホームページを見てもわからないので、一度ジムに行き、実際に目で見ないとわかりません。体験会員制度のあるところなら、体験料金で一度利用してみると、実際の状態がわかります。もしもスポーツジムを訪れたならば、清潔かどうか、管理やメンテナンスは行われているか、客層、スタッフのレベルも見ておくと良いでしょう。

ゴルフジムに通うと限られた時間で設備を使わないとならないので、ランニングマシンやバーベルなどでも、たくさん設置しているジムの方が良いです。マシンの数が少ないと、ほかの人が使っていれば、空くまで待たないとなりません。

たくさん運動してたっぷりと汗をかきたいと思っているならば、最近のジムにはシャワーや温泉などの設備を備えているので、そのようなスポーツジムを利用すると、運動後に汗を洗い流せます。運動をメインにする方は、マシンの種や数などを中心にして見ていき、ゴルフやテニス、水泳をしたい方は、設備が使いやすいか清潔か見ておくと良いでしょう

▽関連サイト▽スポーツジム